平成30年の新歓活動について

報道部が主催する新歓イベントはすべて終了しました。
ですが、部室への訪問や部会の参加は大歓迎です!
次回部会→4月25日(水)18:00-@部室(サークル部室棟Ⅱ410号室)
新歓情報は「入部希望の方へ」をご覧ください。
「エイプリルフール号」はこちら
「受験生応援号」はこちら

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

Facebookの運用を開始しました

試験的にFacebookの運用を開始しました。
「いいね」や「フォロー」をよろしくお願いします!
https://www.facebook.com/tonpress320/

号外を発行しました

里見総長退任特別号外を発行いたしました!
順次学内及び市内のポストに配布します。部数に限りがございますのでご了承ください。
PDF版を含め当ホームページでも公開中です。
なお、定期購読の方や高校への配布は行いませんのでご注意ください。

広報紙「学友会」23号が発行されました

大学公認の課外活動の広報紙で、報道部が記事を執筆している「学友会」の第23号が発行されました。
入学式で配布したほかに、大学内ラックにも設置されつつあります。
設置状況については大学にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

読み込み中

【一言居士】―2018年1月―アイドルと闘将

 昨年で誕生から100年になり、長い歴史を紡ぐ日本産アニメ。中でも、昨今のアイドルアニメの豊富さには目を見張る。「ラブライブ!」「アイドルマスター」に、宮城が舞台の「Wake Up, Girls!」と、熱狂的なファンを抱える作品は数知れず。どの作品も登場する主人公たちのひたむきさに胸を打たれる▼「アイドル」という言葉はもともと「偶像」「偶像崇拝」の意味であり、現在のような「あこがれの的」という意味合いで使われるようになったのは20世紀以降だ。個人の自由をうたう潮流に合わせて、「アイドル」は特定の人にとっての熱狂的なものへ姿を変えた▼自分にとってのアイドルは誰だったかな。そう考えていた時に飛び込んできた訃報だった。東北楽天の星野仙一球団副会長が亡くなった。2013年に日本一に輝いた「星野イーグルス」は、球史を変え、被災地に光をもたらした▼日本一決定戦を現地で観戦して以来、「闘将」に惚れ、崇拝してきた。生き方の指針にしてきた。まさにアイドルだった、と目を閉じ確かめた▼だが、今は誰もがアイドルになれる時世といえるだろう。親友や恋人や恩師、家族だって立派なアイドルとなりうるのだ。せっかく生きているんだ、誰かのアイドルになれるように、この世界を歩んでいこう。星野監督の「迷ったら前に出ろ」の教えを信じて。
(文責:村上)
一言居士 6602539913440054709

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts