「東北大学新聞」オープンキャンパス号を配布しました

7月25日、26日に行われたオープンキャンパスにて、「東北大学新聞」オープンキャンパス号を配布しました。
記事は特設ページから→https://tonpress-oc2017.blogspot.jp/
また上部メニューの「PDF版はこちら」からはPDF版をご覧いただけます。

平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞受賞

東北大学学友会報道部は、平成29年度東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。
今年度は20団体が受賞しております。
今後とも学友会報道部をよろしくお願いいたします。

読み込み中

【ニュース】定食屋「佐々久」 7月31日 閉店 ~40年の歴史に幕~

 大盛りの定食で知られた八木山地区の定食屋「佐々久」が、7月31日の営業を最後に40年の歴史に幕を下ろす。今年3月に閉店の旨を公表。口コミで情報が広がっている。

 「ザーカイ天定食」と「唐揚げ定食」で、地元の学生らに愛されてきた。創業は昭和49年。中華料理店としてのれんを掲げたのが始まりだ。当初はラーメンや炒飯なども提供していたが、学生のニーズの変化や体力の衰えなどの理由で徐々に品数を削減。およそ25年前に、メインのメニューを二つに絞った現在のスタイルを確立させた。

 「ザーカイ天」は鶏肉の天ぷら。卵を3個も使う衣で600gのモモ肉を揚げた超ボリュームメニューだ(写真)。「唐揚げ」は一つひとつが握りこぶし大で、親しみを込めて「手榴弾」と呼ばれてきた。その量の多さから、部活帰りの学生が集った。客の8割は学生だという。

 同店と25年以上も交流がある学友会柔道部からは、閉店を惜しむ声が聞かれた。月に一度は通っていたという廣川貴朗さん(文・4)は「自分が跡を継ぎたいと思えるくらい好きなお店。とても残念です」と胸の内を明かす。

 学生数の減少や鳥インフルエンザによる原料費高騰など、時代の波にもまれながらも営業を続けてきた。店主の佐々木久さん(77)は「学生さんに支えられたからこそ今がある。心から感謝したい」と、40年の歩みを振り返る。

 基本の営業は夜のみだが、事前に店内で予約をすれば、5~10人の団体に限り昼間の営業を実施している。


 住所は仙台市太白区若葉町26-13。営業時間は午後4時55分~9時頃。定休日は火曜日と水曜日。
特集 2267426948902077084

コメントを投稿

  1. 先月末食べてきましたー!
    ありがとう佐々久!

    返信削除

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts